FANDOM


靴 の タ ツ オ カ  靴 修 理 部

革製品を中心に、様々な靴の修理やメンテナンス相談などをお受けしております。

<< カカト全体が外れてしまった紳士靴の修理 | main | ベージュ系ローヒールパンプスのヒール革リペア >>

エンジニアブーツ、流行っていますね。

  靴 の タ ツ オ カ  靴 修 理 部

  革製品を中心に、様々な靴の修理やメンテナンス相談などをお受けしております。

  << カカト全体が外れてしまった紳士靴の修理 | main | ベージュ系ローヒールパンプスのヒール革リペア >>

  2012.06.10 Sunday

  エンジニアブーツのカカト修理

  エンジニアブーツ、流行っていますね。

  私も学生時代やバイクに乗っていた頃はほぼ毎日履いていました。

  当時は靴を何種類も持っていなかったので、とりあえずブーツを履いて

  どこにでも出かけてました。

  勿論、とても履き心地が良いものではなく、重くて楽な靴ではありませんが

  カッコ良かったので頑張って履いていました。

  今ではほとんど履かなくなりましたが、それでも思い入れのある一足です。

  そんなある種のライフスタイルが好きな人にとってはかなり重要なブーツ。

  時としてカカトがほとんど無くなるまで履き潰してしまう事もありますが

  靴のタツオカでは、エンジニアブーツの修理もさせていただいています。

  今回は、カカトの部分がかなり消耗した状態で持ってこられました。

  良い感じに履きこまれたエンジニアブーツです。

  一番下のゴム部分がほとんど無くなり、中間のプラスチック層まで

  斜めに削れてしまっていました。

  エンジニアブーツは元々、労働者の安全のために作られましたので

  とにかく頑丈に仕上げるために重量もかなり重いものです。

  それを、靴紐があると引っ掛けたりして危ないので紐をなくして

  バックル付きのベルトだけで脱げないようにしているだけなので

  充分に足とブーツが固定できないような構造になっています。

  なので、どうしても普通に歩くとカカトを引きずりやすい作りで

  その分消耗も早くなる事が多いです。

  通常の紳士靴などのカカトゴム一枚は¥2,500~ですが、今回はブーツ。

  ブーツ用の大きいカカトは¥4,000の修理代金となります。

  そして、更にプラスチック部分も消耗していたため補修を加えました。

  このパーツはあまり出回っていないので、リサイクルレザーなどで代用を

  することもありますが、今回は丁度同じような素材がありました。

  丁度良い大きさに加工して、接着剤などで固定していきます。

  本来であればブーツ全体を簡単に磨いて、お渡しとなるはずなんですが

  お客様のリクエストによりキレイにはしないで欲しいとのこと。

  キズや汚れなどはそのままで、履き続けたいと言われました。

  その気持ち、とても良く解ります。

  ブーツに使われる革は、元々ハードに使われる想定で選ばれているので

  少々クリームなどでメンテナンスをしなくても大丈夫なものが多いです。

  カカトが新しくなったエンジニアブーツで、新しい冒険に出発ですね。

  今回の修理は

  ブーツのカカト交換 ¥4,000

  ブーツのカカト調整 ¥2,000

  合計¥6,000の修理代金を頂戴いたしました。

  カカトのダメージ具合によっては、プラスチック部分を交換するケースも

  あります。

  アグ ブーツその場合はカカト用の革を積み上げて高さを作るようになりますので

  エンジニアブーツなど、高さのあるカカト全体交換は¥8,000~となります。

  その他、オールソール(靴底の全体を交換)¥15,000~もありますので

  状態や予算に応じて様々な修理方法を提案させていただきます。

  カカトが削れたブーツがカッコイイというのも、個人的には分かりますが

  身体への負担を考えると、なるべく良い状態で履いていただきたいですね。

  エンジニアブーツ以外にも、ウエスタン他各種ブーツにも対応しています。

  キズや色が剥げたりしたメンテナンスでも気軽にご相談下さい。

  その他の靴修理記事はコチラからご覧いただけます。

  *ugg ブーツ一般的な靴修理は一週間の納期をいただいております。

  詳細は靴のタツオカ(086-222-5449)までお問い合わせください

  MAIL:info@kutsutatsu.com でも対応いたします。

私も学生時代やバイクに乗っていた頃はほぼ毎日履いていました。

当時は靴を何種類も持っていなかったので、とりあえずブーツを履いて

どこにでも出かけてました。

勿論、とても履き心地が良いものではなく、重くて楽な靴ではありませんが

カッコ良かったので頑張って履いていました。

今ではほとんど履かなくなりましたが、それでも思い入れのある一足です。

そんなある種のライフスタイルが好きな人にとってはかなり重要なブーツ。

ugg ブーツ メンズ時としてカカトがほとんど無くなるまで履き潰してしまう事もありますが

靴のタツオカでは、エンジニアブーツの修理もさせていただいています。

今回は、カカトの部分がかなり消耗した状態で持ってこられました。

良い感じに履きこまれたエンジニアブーツです。

一番下のゴム部分がほとんど無くなり、中間のプラスチック層まで

斜めに削れてしまっていました。

エンジニアブーツは元々、労働者の安全のために作られましたので

とにかく頑丈に仕上げるために重量もかなり重いものです。

それを、靴紐があると引っ掛けたりして危ないので紐をなくして

バックル付きのベルトだけで脱げないようにしているだけなので

充分に足とブーツが固定できないような構造になっています。

なので、どうしても普通に歩くとカカトを引きずりやすい作りで

その分消耗も早くなる事が多いです。

アグ ムートンブーツ通常の紳士靴などのカカトゴム一枚は¥2,500~ですが、今回はブーツ。

ブーツ用の大きいカカトは¥4,000の修理代金となります。

そして、更にプラスチック部分も消耗していたため補修を加えました。

このパーツはあまり出回っていないので、リサイクルレザーなどで代用を

することもありますが、今回は丁度同じような素材がありました。

丁度良い大きさに加工して、接着剤などで固定していきます。

本来であればブーツ全体を簡単に磨いて、お渡しとなるはずなんですが

お客様のリクエストによりキレイにはしないで欲しいとのこと。

キズや汚れなどはそのままで、履き続けたいと言われました。

その気持ち、とても良く解ります。

ブーツに使われる革は、元々ハードに使われる想定で選ばれているので

少々クリームなどでメンテナンスをしなくても大丈夫なものが多いです。

カカトが新しくなったエンジニアブーツで、新しい冒険に出発ですね。

今回の修理は

ブーツのカカト交換 ¥4,000

ブーツのカカト調整 ¥2,000

合計¥6,000の修理代金を頂戴いたしました。

カカトのダメージ具合によっては、プラスチック部分を交換するケースも

あります。

その場合はカカト用の革を積み上げて高さを作るようになりますので

エンジニアブーツなど、高さのあるカカト全体交換は¥8,000~となります。

その他、オールソール(靴底の全体を交換)¥15,000~もありますので

状態や予算に応じて様々な修理方法を提案させていただきます。

カカトが削れたブーツがカッコイイというのも、個人的には分かりますが

身体への負担を考えると、なるべく良い状態で履いていただきたいですね。

エンジニアブーツ以外にも、ウエスタン他各種ブーツにも対応しています。

キズや色が剥げたりしたメンテナンスでも気軽にご相談下さい。

その他の靴修理記事はコチラからご覧いただけます。

  • 一般的な靴修理は一週間の納期をいただいております。

詳細は靴のタツオカ(086-222-5449)までお問い合わせください

MAIL:info@kutsutatsu.com でも対応いたします。

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.